高血圧と塩分の関係って?

高血圧と塩分には、どのような関係があるのでしょうか?
「高血圧に塩分は良くない」とよくいわれますが、日本人が塩分を好んでたくさん摂っている事はよく知られています。
世界保健機関が定めている1日の塩分の摂取量は5〜6グラムですが、日本人の塩分の摂取量は10〜11グラムと、倍くらいの数値になっています。
高血圧の人はみんな塩分の摂り過ぎが原因になっているとはいえませんが、全く無関係ということもないでしょう。
高血圧には2つの種類があり、1つは本能性高血圧で、2つ目は2次性高血圧です。
高血圧の人の90%が本能性高血圧なのですが、このタイプは原因が分からない高血圧だといわれています。
しかし、近年では、高血圧になる原因が少しずつ分かってきていて、その1つが塩分の過剰摂取なのです。
では、塩分の摂取が高血圧にどのように関係するのでしょうか?
世界の32カ国での塩分の摂取量と高血圧との関係について調べたデータによると、塩分を多く摂取している国の人は高血圧になりやすいという結果が出ています。
その反面、アフリカのように、ほとんど塩分を摂らない国には高血圧の人もほとんどいないのです。
塩分を過剰摂取すると、塩に含まれているナトリウムという物質をたくさん摂ることになります。
そうすると、血管の壁が厚くなってしまいますが、10%血管の壁が厚くなると、血圧は1.5倍になるといわれているのです。
また、ナトリウムが増えると、交感神経が刺激されて、高血圧になるそうです。

関連ページ

高血圧になる原因とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧になりやすい人って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧と塩分の関係性とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧とアルコールの関係って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?