高血圧になる原因とは?

高血圧とは、心臓から全身に送り出している血液の圧力が基準値以上である状態が続いている事を言いますが、このような状態になる原因には、一体どんな事が考えられるのでしょう。
まず、高血圧の原因は大きく「本態性高血圧」と「二次性高血圧」の二つに分けられています。
本態性高血圧とは、原因が特定出来ず、遺伝的な要因や食生活などの生活習慣などが関係しているとされているものです。
高血圧の大部分が、この原因不明の本態性高血圧に属しているとも言われています。
遺伝的な要因の場合には、父親、または、母親のどちらかが高血圧の症状があれば2〜5割の確率で、両親ともに高血圧の症状があれば5〜7割の確率で、子供にも高血圧が遺伝するとされています。
食生活などの生活習慣が関係している場合には、
・塩分の摂りすぎ
・肥満
・過剰なストレス
・大量のアルコール摂取
・煙草の吸い過ぎ
・運動不足
等の要因が挙げられます。
本態性高血圧は、以上のような遺伝的な要因が半分、生活習慣が関係しているものが半分と言われています。
次に、二次性高血圧は、検査などによって高血圧の原因がはっきりと判っているものです。
高血圧の1割程度が、この二次性高血圧に属しています。

具体的な原因としては、腎臓の病気やホルモンの異常、血管系の疾患や薬の副作用などによるもので、このような場合には手術や治療によって高血圧が完治するケースもあります。

関連ページ

高血圧になりやすい人って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧と塩分の関係性とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧と塩分の関係って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧とアルコールの関係って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?