うつ病と高血圧の関係って?

高血圧の方にうつ症状が認められる事がありますが、高血圧とうつ病にはどのような関係があるのでしょうか?
生活習慣病の中でも高血圧は最も多くの方が患っている病気ですが、高血圧の方にうつがどの程度認められるか調査をしたら、なんと3割の方がうつ症状を持っているというデータが出ました。
高血圧になりやすい方は、うつにもなりやすい要素を持っている方が多いので、うつ病を併発する確率が高くなっているのです。
高血圧の原因の多くが、うつの原因とも一致していますし、体質や生活習慣の他にも、体の調子を考えないで無理をしてしまうという性格も高血圧とうつの両方で共通する原因です。
他の原因としては、高血圧の方が血圧を下げるために使用する降圧剤には、副作用として意欲の低下、憂鬱などのうつ症状をもたらすものもあります。
高血圧の患者にうつの症状が出る確率が高いのは、上記以外にもストレスからくる不安や緊張などの精神的な原因から血圧が高くなるという事も関係します。
大きなストレスが掛かると、そのストレスを脳がキャッチして、それに対応するために交感神経の働きが活発化してきます。
交感神経が活発化すると、血圧が上昇してしまいます。
ですから、高血圧の治療をしているのに、なかなか効果がみられない方は特にうつ病を併発している可能性が高いです。
高血圧の方がうつ病である場合、血圧のコントロールが上手く出来ていない状態が続けば、心臓病や脳卒中の危険が高まります。
そのため、うつの治療も必要になってきます。

関連ページ

高血圧が関連する病気とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
白衣高血圧症とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?