●高血圧には運動が大切?

高血圧で通院している人の多くは、医師から「適度な運動を心がけるように」という指示をもらっていることでしょう。
また、高血圧について調べていれば必ず「運動しましょう」というのを目にしているはずです。
または、「運動療法」なんて言葉を目にしている人も多いのではないでしょうか?
実際、日本人の高血圧患者のおよそ90%以上が、生活習慣に原因があると考えられています。
特に、肥満体型の場合にはダイエットと言う意味でも「運動」という言葉が出てくるのですね。
しかし、もしあなたが仮に学生時代スポーツ選手だったとしても、その後、長きに渡って運動をしていなかったのだとしたら、突然ハードな運動を始めるのは禁忌事項になるはずです。
多くの人が手軽に・お金を掛けずに始められる運動としてジョギングを考えますが、高血圧の人がいきなりジョギングをすると、心臓に負担がかかり死んでしまうことさえあります。
ですから、運動するにしても、医師とよく相談した上で始める必要があります。
特に、医師から運動を勧められていない場合には、運動すると危険なケースもありますからよく確認してからの方がいいです。
そして、ジョギングをするにしても、最初は軽いウォーキングから身体を慣らし、徐々にペースを上げたり、長距離・長時間にするようにしてください。
運動療法に関しては、必ず「適度」という言葉がついているはずです。
ハードな運動をすればそれだけ早く効果が出るなんてことは決してありません。
逆に言えば、毎日継続することが一番重要なことなのです。

 

◆血圧を下げるには運動が重要?◆

 

運動をすると一時的に血圧は上がりますが、血行が良くなり血液がスムーズに流れるようになるため、運動後は血圧が下がると言われています。
また、肥満の人は血圧が高くなりますから、ダイエットのためにも是非運動は行いたいですね。
激しい運動をする必要はありませんが、運動することによってダイエットに成功すればそれだけで血圧が下がりますし、運動による血行促進効果によっても血圧が下がります。
血圧を下げるためには、1に食事、2に運動といわれるくらい運動は重要な位置にあります。
血圧を下げるためには血行促進のためのストレッチも良いですし、有酸素運動が特に効果的でしょう。
逆に、激しい運動を行うと一気に血圧が上昇して、脳卒中などを引き起こす危険もありますから気をつけなければなりません。
あまり無理をせず行えるウォーキングやストレッチが良いでしょう。
水泳やサイクリングも効果的です。
「運動」と気張りすぎず、無理のない範囲で継続できるような運動をするのが一番理想的です。
運動は毎日続けることが最も重要ですから、そのためにも無理のない範囲で続けられるようにしたいですね。
高血圧は生活習慣病と言われるように、食事内容や運動不足がその大きな要因とされています。
ですから、食事療法とともに運動を行うことが効果的とされているのです。
しかし、重量あげのような無酸素運動は高血圧の人にとっては大変危険とされていますし、勝敗のあるスポーツでは血圧の上昇率が高まるので避けた方がいいと言われています。

関連ページ

高血圧の様々な治療方法とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
●血圧を下げるのに効果があるツボがある?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧は薬を飲んだほうが良い?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に効果のある薬とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
降圧薬は副作用がある?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
●高血圧に効くサプリメントとは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?