●血圧を下げるのに効果があるツボがある?

生活習慣病である高血圧は、それを改善しようと思えば大変な努力が必要になります。
でも、それらは高血圧を改善するためには必要なことでもあります。
ただ、それでもなかなか改善しないという人も多いでしょう。
実は、ツボ刺激でも高血圧に効くツボがあるのをご存知でしょうか?
体中に高血圧に効くツボがありますから、自分でツボ刺激をするのも良いかもしれませんね。
頭痛など、さまざまな病に効果があると言われている百会(ひゃくえ)は、高血圧にも効果があります。
頭のちょうど頭頂部にあり、両耳をつないだ線と顔の中央の線が交差する場所を押します。
こめかみの後ろにある窪みは、風池(ふうち)というツボです。
その少し下には、えい風(えいふう)というツボがあります。
耳たぶの後ろ側にある窪みですね。
また、こめかみのツボの太陽(たいよう)は頭痛にも効果があるツボです。
自分で刺激するのであれば、手や腕にあるツボがやりやすいと思います。
手首の小指側の付け根にある神門(しんもん)、ひじを曲げた時に出来るシワの外側にある曲池(きょくち)などが押しやすいでしょう。
他にも、曲池から指三本分(約5cm)手首の方側に下がった場所には、手三里(てさんり)というツボがあります。
足にあるツボは、テレビを見ながら刺激するといいかもしれません。
足の裏側には、親指の付け根の中央に母趾裏降圧点(ぼしうらこうあつてん)というツボがあります。

それに、膝の外側には指四本分下側に、足三里(あしさんり)というツボがありますから、押しやすいところを毎日コツコツと押してみてください。

 

◆高血圧に効果のあるツボとは?◆

 

頭痛を抑えるツボ、ダイエットに効くツボ、小顔になれるツボなど、私達の身体には様々なツボが存在しています。
その中にはもちろん、血圧を下げる効果のあるツボもちゃんと存在しているのです。
それでは、高血圧に効果のあるツボとはどんな箇所にあるのでしょう。
まず、血圧が高くなる理由のひとつに、抹消の血液の循環が悪い事が挙げられます。
血液の循環が悪いと、心臓は全身に血液を送る圧力を強める必要が出てきます。
その為に、血圧が高い状態が続いてしまうのです。
その状態を防ぐ為に、とりあえず指先を刺激するようにしましょう。
指先は敏感な部分でもあるので、この箇所を刺激してあげる事で自律神経が整って、血液の循環が良くなっていきます。
この指先のツボは、指先の最先端の真ん中にあり、両手10本を合わせて「十宣(じゅっせん)」と呼ばれています。
このツボを、反対の親指と人差し指で挟むようにして刺激します。
耳にも高血圧に効果のあるツボがあります。
「降圧帯(こうあつたい)」と呼ばれている、耳の裏側の上の部分、外側のへこんだ場所にあるツボです。
このツボを、人差し指の腹で上下に30回程度擦って刺激します。
その際、両耳を同時に刺激すると良いでしょう。
ツボを刺激する事は、副作用もなく、費用も掛からない手軽な高血圧改善の方法だと言えます。
入浴の際など、ちょっと気がついた時にでも、是非ツボを刺激してみて下さいね。

関連ページ

高血圧の様々な治療方法とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧は薬を飲んだほうが良い?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に効果のある薬とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
降圧薬は副作用がある?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
●高血圧には運動が大切?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
●高血圧に効くサプリメントとは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?