コレステロールの役割って?

コレステロールは溜まりすぎることで、大きな病気を引き起こす可能性があることが知られているために、コレステロール自体に悪い印象をもたれている方も多いことでしょう。
しかし、コレステロールは、人間の身体を機能させるためには、欠かせない存在なのです。
コレステロールは脂肪の一種で、体中の数多くの細胞を包む細胞膜を強化して、免疫力を高める働きをしているだけでなく、脳の中の神経細胞でも働き、脳から身体の各器官に指令を出しています。
また、コレステロールはホルモンを作りだす原料ともなっていると言われています。
特に精巣や卵巣、胎盤などのホルモンはコレステロールからできているホルモンだと言われているため、コレステロールが不足し、ホルモンを作り出すことができなくなると、身体の機能に影響が出てしまうのです。
さらに、疲れやすくなったり、食欲が低下するなどの症状が現れ、健康を害してしまうことにもなりかねません。
コレステロールは他にも、胆汁の原料となる役割をもっています。
人間はコレステロールがあることにより、肝臓から出される脂肪の消化や吸収を助ける胆汁酸を作ることができます。
胆汁酸により、水に溶けにくい脂肪を水に溶けやすくすることができ、脂肪の消化吸収をサポートしています。
これらのことから、コレステロールというものは、人間の生命維持には必要なものであるということがわかるのではないでしょうか。

関連ページ

コレステロールの種類って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが多いとなぜダメなの?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが高いとどんな病気になる?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールの多い食品って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールと中性脂肪の違いって?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?