コレステロールが多いとなぜダメなの?

コレステロールは、有害な成分だと思われがちです。
しかし、実際にはコレステロールとは脂質の一種で、健康な体を維持するためには欠かせない成分なのです。
細胞膜やホルモンなどの原料になります。
また、血管の内側に付着して、血管の保護を行う働きがあります。
丈夫な血管を作るためには欠かせない成分です。
ただ、コレステロールが高い状態が続くと、血管の内側にコレステロールが過剰に付着していきます。
すると、血管が狭くなり、心臓から送られる血液の流れが悪くなってしまうのです。
場合によっては、完全に閉塞してしまうこともあります。
起こる場所によっては、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な疾患を引き起こしてしまいます。
なので、コレステロールが多い状態が続くと駄目なのです。
普段からコレステロールを意識した生活習慣を身につけるのが、健康を維持するためにも大切なことです。
コレステロールの種類としては、LDLとHDLの2つが主に知られています。
LDLは悪玉コレステロールとも言われます。
このLDLが増えすぎると、血管壁に付着して固まりを作ります。
HDLは善玉コレステロールとも言われます。
血管壁に付着したLDLを剥がし、余分なコレステロールを血管内から排出する働きをしています。

そのため、血液中のLDLを下げ、HDLを増やすことが大切と言えます。
LDLを下げるには、食物繊維やビタミンCの摂取が有効だとも言われています。

関連ページ

コレステロールの種類って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールの役割って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが高いとどんな病気になる?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールの多い食品って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールと中性脂肪の違いって?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?