コレステロールと中性脂肪の違いって?

コレステロールと中性脂肪の違いって、何なのでしょうか?コレステロールは脂肪の一種、中性脂肪も同じく脂肪の一種です。
しかし、同じ脂肪ではあるものの、その働きは違います。
まず、コレステロールの働きですが、コレステロールは体内を構成する脂肪成分です。
細胞膜の構成成分でもあり、ステロイドホルモンやその他のホルモンの材料になります。
胆汁酸やビタミンDなどの材料にもなり、主に肝臓で合成されています。
また、コレステロールには善玉と言われるHDLコレステロールと、悪玉と言われるLDLコレステロールがあります。
LDLコレステロールは、細胞膜やホルモンを作る材料になり、血管を保護する作用もあるのです。
ただし、血中の濃度が高くなると、血管を細くする原因になり、動脈硬化の引き金になってしまいます。
動脈硬化が起こってくると、様々な合併症を起こしかねません。
HDLコレステロールは、血管に付着したLDLコレステロールを取り除いて、体の血液の流れを良くする働きがあります。
次に、中性脂肪なのですが、コレステロールが体内の構成成分とするならば、中性脂肪はエネルギー源です。
トリグリセライドとも言います。
食事によって摂取され、余った分は皮下脂肪組織や肝臓などに蓄えられます。
食事不足や運動などによってエネルギーが足りなくなると、貯蔵された中性脂肪が使われ、分解されて脂肪酸になるのです。
脂肪酸はエネルギーになります。

関連ページ

コレステロールの種類って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールの役割って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが多いとなぜダメなの?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが高いとどんな病気になる?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールの多い食品って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?