コレステロールが高いとどんな病気になる?

コレステロールが高いことで引き起こされる病気には、動脈硬化があります。
コレステロールの値が高くなると血管の内側の壁に溜まっていくと言われており、特に心臓や脳といった主要となっている太い動脈でこの症状は起こります。
血管内側の壁にコレステロールが溜まると、カルシウムなども溜まるようになり、血管が硬くなる動脈硬化という病気を引き起こすのです。
さらに、動脈硬化になってしまうと、様々な他の病気を招いてしまうとも言われています。
動脈硬化になってしまうと、血管が狭くなって血栓が詰まることがあり、脳の血管でこの症状が出ると脳梗塞を起こしてしまうことになります。
動脈硬化になり、弾力を失ってしまった血管が、高血圧などを引き金にして脳内で破れてしまうと、脳出血を引き起こし、命にかかわる重篤な症状になることもあるでしょう。
また、心臓へ血液を送る血管でコレステロールが溜まって狭くなることで、狭心症や心筋梗塞などの病気になってしまう可能性もあると言われています。
コレステロールが高いと引き起こされる病気は、他にも、糖尿病や脂肪肝、胆石症などがあります。
糖尿病では血管を傷つけてしまったり、腎臓や眼などの働きに影響が出てしまう事があるだけでなく、動脈硬化にかかる可能性も高くなります。
脂肪肝や胆石症も適切な治療を行わないと、重症化してしまう事も考えられます。
コレステロールが高くなると、命を脅かす重い病気が発症する事があるため、普段からコレステロール値には気をつけていたいものです。

関連ページ

コレステロールの種類って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールの役割って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが多いとなぜダメなの?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールの多い食品って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールと中性脂肪の違いって?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?