コレステロールを下げる食事

もしも血中コレステロール値のうち悪玉コレステロールが多いことが判明したら、食事から変えていきましょう。
一般的に悪玉コレステロールは、動物性の脂肪に多く含まれている傾向があります。
食事から摂る肉の量を減らすことでコレステロールが下がることもよくあります。
食材に含まれる成分でコレステロールを引き下げるというやり方もあります。
食事を介してコレステロールを調整していくというものです。
植物性の脂肪は悪玉コレステロールを下げる効果があると言われています。
植物性油脂であるオリーブオイル、ひまわり油、コーン油を日頃の食事を作る時に使うのも効率的な摂取方法といえます。
油は脂肪分でカロリーも高いので、摂り過ぎは禁物です。
コレステロールは、普段の運動を心がけることでもある程度下げることができます。
ぜひ食事と運動を同時に行って健康的に改善するようにしましょう。
ホルモン量や加齢、遺伝もコレステロールに関わっており、運動や食事による効果は人によってどうしても差があります。
医師に高コレステロールを指摘された場合は、まずは食事と運動で改善を図りましょう。
食事を改善してもなかなかコレステロールが下がらない時には、薬で改善した方がいいケースもあります。

関連ページ

コレステロールを下げるには?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
運動するとコレステロールは減っていく?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールと食事の関係
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが高い人の食事
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
不飽和脂肪酸とコレステロールの関係性って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?