コレステロールを下げるには?

血中のコレステロールが高い状態が続くと、体にとっては悪影響です。
様々な合併症が出てくる可能性があります。
その中でも、脳梗塞や心筋梗塞は、生命を脅かす大変な病気です。
なので、コレステロールが高い状態が続かないように、日頃から注意する必要があります。
健康診断等で、高コレステロール血症を指摘されたら、尚のこと生活習慣を改善するようにしましょう。
大丈夫だと思っていても、知らない間にコレステロールが高くなっていたりするものです。
それでは、コレステロールを下げるには、一体どのような工夫が必要なのでしょうか?
○規則正しい生活を心掛ける。

 

○食べ過ぎないようにする。

 

○食事は良く噛み、ゆっくりと時間を掛けて行う。

 

○偏食をしない。

 

○暴飲暴食をしない。

 

○コレステロールが多い食品は避けるようにする。

 

○コレステロール(悪玉)を下げる効果のある食品の摂取を心掛ける。

 

○甘い物を摂りすぎないようにする。

 

○肉食を控えるようにして、魚などを多く摂る。

 

○アルコールの摂取を控えて、適量を守る。

 

○禁煙をする。

 

○睡眠をしっかり取る。

 

○ストレスを溜めないようにする。

 

以上のようなことが挙げられます。
いきなり全部行うことは大変でしょうから、出来ることから少しずつ行うようにしましょう。
コレステロールを下げる効果のある食物を摂るのが難しいようなら、サプリメントを有効活用してもいいですね。

関連ページ

運動するとコレステロールは減っていく?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールと食事の関係
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが高い人の食事
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールを下げる食事
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
不飽和脂肪酸とコレステロールの関係性って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?