高脂血症とはどんな状態?

高脂血症とは、ほとんどの人が聞いたことのある病気だと思います。
健康診断で、高脂血症と診断された経験のある人もかなり多いと思います。
高脂血症とは、一体どんな状態をいうのでしょうか?その病名からも、脂質が高い状態だと容易に想像できますよね。
血液がドロドロだとか、油っぽいとか、そういったイメージがあります。
では、正確に高脂血症とはどういう状態をいうのか調べてみたいと思います。
高脂血症とは、血液中にあるコレステロールや中性脂肪が必要以上に増えている状態を言います。
血液を検査すると、コレステロール値・中性脂肪値が基準の値より高いです。
コレステロールや中性脂肪自体は体に重要な役割もしているのですが、高くなりすぎると体に悪影響を及ぼしてしまいます。
高脂血症自体は、無自覚で無症状です。
しかし、その状態が長く続くことによって、様々な合併症を起こしてしまいます。
実は、この合併症がとても怖いのです。
主な合併症として、動脈硬化症が挙げられます。
動脈硬化症は、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる重篤な疾患を引き起こしたりします。
なので、合併症を起こさないためにも、高脂血症状態をなるべく回避することが必要になります。
食べ過ぎ・アルコール摂取・運動不足は、高脂血症の原因となってしまいます。
特に、コレステロール成分を多く含む食べ物の摂りすぎは控えましょう。

高脂血症状態を回避するためには、普段から食生活に気を配り、運動を行うことが大切です。

関連ページ

高脂血症とは
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高脂血症の症状
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高脂血症のガイドライン
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?