トマトは高血圧予防に良い?

トマトは高血圧に効果的と言われていますが、それは本当でしょうか?
トマトは高血圧予防に良いというのは、本当です。
トマトには、老化や色々な病気の原因となる活性酸素から体を守ってくれる働きがあります。
その中でも中心的な効果を持っているのが、赤い色素成分である「リコピン」です。
リコピンは、活性酸素を安定した状態にして、無毒化する作用がとても強く、活性酸素を除去する能力はβーカロチンの2倍以上もあり、ビタミンEの100倍以上もあると言われています。
ですから、トマトは高血圧対策には欠かせない野菜なのです。
高血圧などの生活習慣病は、内臓脂肪型肥満があると、かかりやすくなります。
血液中に増えた脂質が活性酸素により酸化されて、血液の壁にくっついて血管が硬くなり、動脈硬化が進行するわけですが、リコピンは動脈硬化の進行も予防してくれるでしょう。
さらに、リコピンには、体内でインスリンの働きが悪くなるのを抑え、血糖値を下げる作用や高血圧を改善する作用がある事が分かっているのです。
また、トマトに含まれるペクチンには、食後の血糖値の上昇を抑える効果があり、コレステロールの吸収も抑えてくれます。
他にも、トマトに含まれているクエン酸は、食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれますし、ソバに多く含まれていることで有名なルチンはビタミンCの吸収を良くして、その働きを助ける役割をします。
ビタミンPとも呼ばれるルチンには、血管を丈夫にして血行を良くし、血圧を下げる効果もあります。

関連ページ

血圧を下げるための食事って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に適した食事療法って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧を治療するのに効果的な食事とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧のときに食べてはいけないものって?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に効果的なお茶って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
塩分を摂ると血圧が上がるってホント?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?