高脂血症対策のレシピ

3大死因の一つである脳血管疾患ですが、その原因として考えられるのが動脈硬化です。
動脈硬化とは血液中のコレステロール値が高くなり、脂質が血管内に堆積し、血液の流れを止めてしまうことで、脳梗塞、脳卒中や心筋梗塞を引き起こします。
この症状は生活習慣病と考えられており、日々の生活スタイルが大きく影響しています。
動脈硬化の原因は高脂血症と考えられており、血中の脂質が増え、特に中性脂肪やコレステロールが増えることにより引き起こされます。
若い頃は比較的体を動かす機会も多いですが、歳をとるとあまり動くことがない上に食生活が豊かとなり脂肪や糖分の多いものを多量に摂取する機会が増えてきます。
従って、中高年の人を中心に食生活を改善する必要があります。
高脂血症を未然に防ぐためには脂肪や糖分を控え、コレステロール値を下げる野菜や海草を中心に摂取する必要があります。
しかしながら、無理に野菜を採るようにすると食事が美味しくなく、長続きしません。
従って、美味しいと感じながらコレステロール値を下げることが出来る食事を採ることが長続きの秘訣といえます。
高脂血症対策のレシピとしては高タンパクで低カロリーの鳥のささみと悪玉コレステロールの酸化を防ぐトマトを利用した煮込み料理や豆腐を多用したサラダなど、美味しく楽しめる料理が良いでしょう。
これらのレシピはインターネット等に公開されていますので、自分の好きな料理を選びながら楽しんで高脂血症対策を行うことができます。
日々の継続が大切ですよ。

関連ページ

高脂血症の食事療法
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?