高血圧の種類って?

高血圧は、その原因がはっきりしている「二次性高血圧」と、はっきりした原因が不明の「本能性高血圧」に分けられます。
国内の高血圧の患者の約9割は本能性高血圧と言われており、元々、高血圧になりやすい体質と言うような遺伝的な要因と、塩分過剰摂取の食事や運動不足・飲酒・喫煙などの生活習慣といった要因が絡み合って高血圧になっていると考えられています。
この為、殆どの場合は、まず、生活習慣の見直しを求められることとなります。
しかし、高血圧の種類はこれだけではありません。
血圧別に分類すると、老人に多く収縮期の血圧が高い「収縮性高血圧」と、拡張期の血圧が高い「拡張性高血圧」の二つに分類できます。
年齢による分類の方法もあり、60歳以上に見られる「老年性型高血圧」、35歳以下の人が発症する「若年性型高血圧」に分けられ、若年性型高血圧はその多くが二次性高血圧です。
他にも、医師や看護師の前だと緊張して血圧が上がってしまうという「白衣性高血圧」や、それとは逆に医療機関で測る血圧の方が普段の本来の血圧より下がる「仮面高血圧」も存在します。
また、一般的な「良性高血圧」に対して、血管障害や臓器障害などを伴う、または、急速に発展する「悪性高血圧」という分類方法もあります。
ですから、自分がどのタイプの高血圧であるのかをしっかり把握することも大変重要なポイントです。
場合によっては、治療方法も全く変わってくることがあるからです。

関連ページ

血圧の平均ってどれぐらい?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧は遺伝する?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
血圧は下の方が高いほうがまずい?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?