血圧の平均ってどれぐらい?

高血圧とは、血管の内側の壁に脂肪が付着したり、血液が脂肪などでドロドロになって血液がうまく流れず、そのために血管にかかる圧力が高くなり、常に正常な範囲を超えて高い状態のことを言います。
血圧の正常値は年齢に関係なく、130/85mmHg未満と定められています。
つまり、この数値以上であると高血圧とされ、注意が必要です。
さらに細かく見ていくと、血圧は年齢とともに上昇する傾向にあるので、年齢別の血圧平均値も把握しておきたいところです。
まず、男性から見ていくと、20代118/75mmHg、30代125/79mmHg、40代131/84mmHg、50代138/85mmHg、60代143/85mmHg、70代147/80mmHgです。
女性は20代113/76mmHg、30代115/71mmHg、40代125/77mmHg、50代133/81mmHg、60代141/81mmHg、70代146/78mmHgです。
血圧の平均は、降圧剤などの普及や生活習慣病対策として減塩などの食事療法や運動療法により、昔に比べ男女ともに下がっている傾向にあります。
しかしながら、降圧剤などは一時的に血圧を下げる薬であるので、根本的なところから血圧を下げていく治療というのはまだまだなようです。
そして、男女ともに血圧が150/95mmHg以上になってしまうと、脳卒中や心疾患になる確率が血圧平均値の人に比べ10倍以上になります。
これは非常に危険な状態ですから、一日も早く血圧を正常値に戻さなくてはなりません。

関連ページ

高血圧の種類って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧は遺伝する?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
血圧は下の方が高いほうがまずい?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?