高血圧は遺伝する?

高血圧は遺伝するのでしょうか?親が高血圧だと、いずれ自分も・・・と思う人も多いでしょう。
実際に、高血圧には遺伝的な要因が少なくないといわれています。
両親ともに高血圧の場合、子供が高血圧になる確率は、約50〜60%なんだそうです。
ちなみに、片方の親が高血圧だった場合は約25〜35%、両親とも高血圧ではない場合は、10%未満なのだとか。
これは高血圧そのものが遺伝しているわけではなく、高血圧になりやすい体質が遺伝すると考えられています。
それに、日頃の生活習慣や食生活、加齢や肥満などが合わさって、高血圧になっていくようです。
なので、両親が共に高血圧だったとしても、日頃から予防をしていれば、将来、高血圧になる可能性は低いと言えます。
自分が高血圧になりやすい体質だと分かったら、積極的に予防を行いましょう。
日頃の食生活を改めて、塩分やカロリーを控えた食事を取り入れます。
血圧を下げる効果のある食材を取り入れると、さらに効果的でしょう。
無理な場合は、サプリメントなどを取り入れてみてください。
また、肥満にならないよう有酸素運動を行うことも大切です。
「両親が高血圧だけれど、自分は血圧低いから大丈夫」と思っている人でも、加齢ともに血圧が上がってくる場合があります。
日頃から、万全の予防策をとっておいた方が良いでしょう。
高血圧になってしまうと、様々な合併症を起こしてしまいます。
血圧を上げないようにすることは、とても大切なことなのです。

関連ページ

高血圧の種類って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
血圧の平均ってどれぐらい?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
血圧は下の方が高いほうがまずい?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?